Tiffany.J『孤独人間解放』

死ぬまでに友達できたらいいな…

マジョリティという球体が創り出すまやかしの遠心力

社会構造はよくピラミッド型に例えられるがそれは違う

社会構造は球体だ

マジョリティ=ある人物

という集団の核となる中心的人物の周りに

その人物に似た性質を持つ人物が集合し

さらに周りを囲んだ人物達に似た性質の人物が集合し

そうやって球体を形成していく

中心人物を囲んで社会は回り

球体が大きくなるほど超強力な遠心力が備わる

 

マジョリティという球体の構成要素となり得なかった

社会的弱者、性的マイノリティ、貧困層

遠心力の効力から漏れるどころか

洗濯機の脱水の水滴の如く大きく外界に弾き飛ばされる

暴力で、暴言で、疎外で、詐欺で……

 

暴力に直接的に対抗する術は難しいとしても

その他の手段に対して私達は対抗することができ得る

その力を養うのが公教育

 

人類はありとあらゆる知識や技術を身に付けてきた

私達の人生は知識力と技術力に関しては先人が進めてくれた地点からスタートできる

しかし、精神力はゼロからスタートしなければならない

当然のようでこの辺りを勘違いしていることはよくあると思う

時代は進んでいるのに人類は同じ失敗を繰り返していると悲観的に語られるが

時代が進んだとて精神力は個人的成長なのだ

新人類だからと言って知識力と技術力のように自動的にバージョンアップはされない

 

弱者やマイノリティは

マジョリティという球体が創り出すまやかしの遠心力に騙される

弱者やマイノリティは

騙されまい、真実を見ようとして警戒する

弱者やマイノリティは

マジョリティの行動を見越して行動する

それは一見するとマジョリティに対抗しているようで

さらにマジョリティの遠心力の被害を拡大させることになってしまう

 

今話題に上がっている性的搾取を例にとれば

女性は性犯罪の被害に遭わぬよう夜の独り歩きを避ける

夜空を撮影するのが好きな女性は夜自由に出歩くのを躊躇う

その女性は自分の望みを曲げて我慢をすることになる

 

また、子どもの性被害を防ぐため

親は暑い日でも裾の広がった服を着せられなかったり

公衆トイレの使用時も気を遣ったりしている

子ども達は親に守られる場面は増えるが

自分自身で行動する自由は減っているだろう

 

もちろん、そうせねば身を守れないのだが

弱者やマイノリティはどんどん居場所や自由、権利を奪われてしまうのだ

 

現代の公教育は知識力と技術力以上に

実は精神力を高めることに大きな意義を持っていると思う

 

知識と技術は生活していれば勝手に身に付くものもあるし

現代においてはインターネット環境があれば

生活に必要な最低限度の情報をえることはできる

情報を得るための基礎力としての読み書き計算といった教育だけであれば

それほどの時間は要しないかもしれない

 

しかし、自己を生涯に渡って支える精神力を養うには

親と家庭だけでは身に付かない

他人の中に身を置き

自分と他人を共存・協働できるように練習しなければならない

自分の性質と似通った人の集まりではなく

公教育・教師が見守るセーフティーネットの中で

自分と性質の違う人達の存在を知り

自分自身の性質を自覚・許容・確立し

他人の性質を認知・尊重する

そういう精神力を養っていくには時間がかかる

それはインターネットの世界ではできない

セーフティーネットがないので精神力の育っていない人は一瞬で心が折れてしまう

 

公教育は時間も労力もかかるが

実際に他人の中で精神力を身に付けなければ

自分より強い者に、マジョリティの持つ強大な力に

生涯に渡って振り回され弾き飛ばされ続けてしまうのだ

 

教育はなぜ大事か?

現代における公教育の意義は?

 

その答えは、自分を自由にする力を身に付けるためだろう

 

 

hachiware-education.com

 

 

↓ ポチっと応援お願いします♡

 

[http://にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]

 

感謝を拒絶する孤独人間

「今日は母の日だから母親に何かしなくては…」

そう思える人は一瞬でも人生の中で幸福感を得たことがあるのだと思う

瞬間的にでも生まれてよかったと一点の曇りもなく感じた経験があったのではないか?

 

物心ついた時から両親は私に

繰り返し「感謝しなさい」と言った

私の命を助けてくれた医師に

輸血をしてくれた叔母に

そして、言葉には出さないが私という病児を産み育てた両親に

 

私はその”感謝”という言葉にピンとこなかった

何かをしてもらって「ありがとう」と言いましょうというのはわかる

でも感謝の強要に私の心は拒絶感を覚えた

私が決めるべき内側まで干渉されている気分だった

 

同様に、誰かが決めたきまり、いいこと、悪いこと

あらゆる身近な道理や常識といったものに対して

「そういうものなんだ」とすんなりとは受け入れられない子どもだった

そういう意味で私は両親や家族、今まで知り合った人達全員にとって

”偉そうな人間”だろうと思う

年配が決めたことだろうと昔からの風習だろうと疑問は引き下げないし

納得するまで考える質だ

さぞ小賢しい、面倒くさい、扱いづらい、そんな人間だと思われていることだろう

 

それは両親の無言の”感謝の強要”への拒否感から端を発しているように思う

そこから、正論というより

マジョリティや何も考えずしてマジョリティに従う人々への不信感や怒りへと発展していった

 

母親は如何に私の看病が大変だったか、

私を育てていることで毎日どれだけ気を遣っているか、

他の親子のようにいかない愚痴、

自分が母親の中でも一番苦労している類であること、

私のように重篤な赤ちゃんを産んでしまってショックで自殺しないかと心配されるほどだったことを語り聞かせた

生まれたことを申し訳なく思うほどに

その上、とても過干渉な人で何でも自分で把握し自分がやらないと気に入らない

過干渉が故に私の行動しか見えていない

私の内部を見て信用しようとはしない

いつになっても私の内部がわからないことに焦って

何をし出すのか、何をしていないのかとチェックする

母親は職を持っていたし、父親は仕事でほとんど家に居なかったから

仕事、祖父母の対応、家事、育児、そして看病を一人でこなしていた

田舎で運転免許もなく、苦労しただろうし、毎日疲れたことだろう

 

しかし、母親が

「こんな病児を持ってつらい」と思いながら育児をした期間

私はずっと死にそうな体を引き摺って生きてきた

私の人生は丸ごと病人であり、痛みと苦しみは生涯続く

私は産んで欲しいと頼んでもいないし

ましてや病気で生まれたくはなかった

病児の母親の気持ちはわからないが

病児自身の気持ちは母親とてわかりはしない

なんだかんだ言っても母親は健康で自分の好きな仕事をして人生が楽しそうだし

そもそも別の人間なのだからお互いわからないに決まっている

 

来る日も来る日も検査、また検査

何度も何度も全身麻酔をかけられる

起きたらどうしようもない怠さと吐き気

気が付けば胸も腹も背中も大きな手術痕

成長期にT字帯を穿かされる尿管カテーテルを入れられる

医師、看護師、検査技師…

相手が男性であろうと年齢がどうであろうと胸を晒さなければならない

点滴が入らなくなればパンツを脱がされ股関節にだって針を刺される

おかげで両手首、両足首、両股関節は傷だらけ

 

一人で泣きながら過ごす病室

チューブ、点滴、医療器具に繋がれベッドから動けない日々

他の子ども達が食べる物も遊びもレジャーもない

学校の友達がテレビを観ながら笑っている間

私に見える景色はカーテンに囲まれた白い天井

クリスマスは病院のサンタさんが配ってくれたケーキを

同部屋の子と泣きながら食べた

隣のベッドから聞こえる呻き声

夜中、近くの病室に医師が駆け込む音

その後に聞こえる家族の悲鳴のような泣き声

すすり泣く声と共にまた一人、また一人と地下へ運ばれていく

次は自分の番かもしれない恐怖

 

「感謝しなさい」と言われる度に

「お前に何がわかる!!」

そう叫び出しそうになるのをずっと堪えて生きていた

 

私は明らかに周囲の人間より生きることに苦労しているのに

感謝まで強要されなければいけないのか?

感謝をねだられればねだられるほど

自分達がつくった子どもの面倒を見るのは当然でしょう?

なぜ、心の中まで入ってくるの?

そうやって感謝というものへの拒絶は強くなっていった

 

言いたい気持ちをぐっと抑えて

何も考えていないフリをしてきた

親が悲しむから、怒られるから、

嫌われたら世話を放棄されるかもしれないから

私が生きていること自体が迷惑だと身に染みているから

わざと強がっておちゃらけて誤魔化して

自分の中で処理してきた

 

だから両親の前で私は最も性格が悪くなる

本当の純粋な私を両親には見せたくはない

 

祖父母が亡くなった時

こんな関係でなければちゃんと哀しめたのにと思った

両親が私より早く逝くならきっとまた同じことを思うだろう

 

それが虚構の自分を構築した理由だ

こんな悍ましく末恐ろしい正体と

いつ崩壊するかわからない本心を

自分自身で抑え、守りながら生きるしかなかった

 

 

 

↓ ポチっと応援お願いします♡

 

[http://にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村:title]